胸が大きくならない原因とは?生活習慣の改善でバストアップ

胸が大きくならない…。
多くの女性が抱える不安であり、コンプレックスの1つです。


「まわりの人に比べて、なんで自分だけ小さいんだろう」
「母親も小さいし、やっぱり身体つきも似ちゃうんだろうな」


このように胸が大きくならない理由を考えたとき、すぐに思いつくのは【体質】や【遺伝】ではないでしょうか。

ですが、医学的にも体質や遺伝はたった30%しか関わっていないとされています。
残りの70%は、生活習慣と女性ホルモンが原因…。

そのため、生活習慣を見直し、女性ホルモンの分泌を高めることで胸をふっくらさせることができるんです。


今まで色々な方法を試しても胸が大きくならず、あきらめていた全ての女性へ。
このページでは、胸が大きくならない原因と解決策をご紹介します。

メリハリあるスタイルを目指している方、是非ご参考ください!

胸が大きくならない3つの原因

①:睡眠不足

睡眠

胸は寝ている間に大きくなると言われています。

なぜなら、胸を大きくするために必要な女性ホルモン、また10代前半の女性では成長ホルモンの分泌が、睡眠時の特に22時~2時の間だと言われているからです。


しかし、その時間帯にしっかりとした睡眠を取れている現代人は限りなく少ないでしょう。

10代の女性にとっても、初潮が来てからの4年間は最も多くホルモンが分泌される時期となるので、スマホのゲームやSNSにハマって夜更かしばかりしていると、気付かないうちに胸の成長を妨げていることに…。

そこへ残業や飲み会が加わる、20代~30代の社会人女性は更に注意して下さい。
成長期が止まっても女性ホルモンの分泌は止まりませんので、胸を大きくする上で寝不足は大敵ですよ!

睡眠は日々の健康だけでなく胸の成長も助けるので一石二鳥。

②:血行不良

気になるバストアップクリームの口コミ

胸を大きくする要素の1つとして、血行の流れを改善させることも大切です。
それは、バストアップへの有効成分(女性ホルモン)が血液によって胸まで運ばれるため。

せっかく女性ホルモンが分泌されても、それを運ぶ役割の血行が滞ってしまえば胸は小さいままなんです。

血行不良を起こす原因はいくつかあるので、今回はその中から代表的な3つを紹介しますね。

冷え性・食生活の乱れ

ご存知の方も多いかと思いますが、冷え性は血流を悪くさせる大きな要因の1つです。


冷え性とは、

  • お風呂や布団に入っても、すぐに手足や腰が冷えてしまう
  • 1度冷えてしまうと温まるまで時間がかかる
  • 夏の季節でも手先や足先だけ冷える

などなど。


男性と違い、子宮や卵巣など血液の溜まりやすい臓器を持つ女性は、特に起こりやすい症状と言えます。

冷え性から血行不良となり、血の流れが悪いことで冷えてしまう…。
この悪循環が、胸の大きさにも影響しているかもしれません。

また、コンビニ弁当やファーストフードなど、添加物の過剰摂取が身体の冷えを引き起こします。
冷え性=体質のように思っている女性が多くいますが、食生活の乱れもまた冷え性の原因となるので注意しましょう!

冷え性の対処法としては、軽い運動でもいいので汗をかくことが大切。
新陳代謝を上げ身体を温めることへ意識すれば、冷え性の改善はもちろん、老廃物もなくなり女性ホルモンが円滑に胸へと運ばれますよ。

猫背・肩こり

インターネットやスマホの普及から、姿勢の悪さや目の疲れが目立つようになりました。
慢性的な猫背・肩こりに悩まされる社会人は、増加する一方ではないでしょうか。

同じ姿勢を続けることで、目が疲れ肩こりになり、血液は1ヶ所に溜まってしまいます。
更に、冷え性になりがちな女性は身体のこわばりも追加されるので、より悪影響を及ぼす可能性も…。

固まってしまった身体は、軽度な運動でほぐすのが効果的。

姿勢は胸を大きくするだけでなくスタイルにも影響するので、日頃からストレッチを心掛けたりウォーキングに挑戦してみて下さいね!

ストレス・喫煙

あまり馴染みがないかも知れませんが、実はストレスによって血行不良になることも。
精神的・身体的なダメージからストレスホルモンという成分が分泌され、血管が狭くなってしまうんです。

喫煙も血管を狭める点は同様ですが、胸を大きくする有効成分(女性ホルモン)の分泌も低下させてしまいます。

よくストレスからタバコを吸う女性もいますが、胸を大きくしようとする上でこの2つは特に気を付けた方がいいでしょう。


以下ではバストアップにつながるストレス解消法もご紹介しているので、興味のある方は是非ご覧ください。

③:体脂肪不足

脂肪が筋肉に変わる

意外に思われるかも知れませんが、胸が大きくならない原因の1つに体脂肪不足が挙げられます。
胸の9割は脂肪ですので、細身な体質やダイエットで体脂肪率が平均以下の場合、胸の大きさにも影響します。

単純に考えても、体脂肪が不足していては胸への脂肪分も足りなくなってしまいますよね。
体脂肪は分泌された女性ホルモンを蓄える役割があるので、胸を大きくする意味で過度なダイエットは控えましょう!


そでれも「体脂肪がなかなかふえない…」という女性もいるかと思います。
そんな方へは、体脂肪に着目した【ボルフィリン】配合のバストアップクリームがお勧め!

ボルフィリンは、ハナスゲというユリ科の花の根からとれる脂肪を増やすことのできる成分。
天然由来なので女性ホルモンのバランスを崩すこともなく、安心して使用できますよ。

初回0円!ボルフィリン配合の【セルノート】はコチラ!>>>リンク1



「逆に、体脂肪が多くても胸が小さい人がいるのは何で?」

もちろん体脂肪が平均以上だからといって、必ずしも胸が大きいとは限りません。
やはり1~2の原因をクリアし、ホルモンバランスを整える必要があるということですね!


これらの胸が大きくならない原因を克服していくには、一般的に言われる【生活習慣の改善】を意識しましょう。

女性ホルモンの分泌、胸への流動と蓄積で、メリハリのあるスタイルを目指せますよ!

胸が大きくならない原因を解決して、バストアップを目指そう!

遺伝だからしょうがないよ…
昔から小さいし仕方ないのかな…

今まで原因がよくわからなかった方は、
遺伝や体質とあきらめていたかもしれません。

ですが、女性ホルモンの分泌を妨げるような生活スタイルを見直し改善することで、胸が大きくならなかった原因を解決できますよ!


生活習慣を見直すと同時に、女性ホルモンの分泌をサポートするサプリや、胸に脂肪を付けるクリームを活用すればさらに効果的。

当サイトではバストアップサプリやクリームをご紹介しているので、ぜひ参考にして下さいね!


バストアップ【サプリ】比較ランキングへ進む


バストアップクリーム比較ランキングへ進む