豆乳はバストアップに効くの?意外と知らない正しい飲み方とは
豆乳がバストアップに効く!
というのを聞いたことがある方はいらっしゃいませんか。

ダイズイソフラボンが良いだとか、美容にも良いらしいだとか、色んな情報が出回っていますよね。

結論をいうと、豆乳がバストアップに効果があるのは本当です。
ただし、豆乳の選び方や飲み方によってその効果が半減してしまうことがあるのも事実。

ここでは、豆乳の正しい選び方や飲み方、お勧めのレシピをご紹介しています。

なぜバストアップに豆乳が効くのか?も解説していますので、ぜひ参考になさってくださいね!

バストアップに効く豆乳の飲み方

ダイズ

バストアップを叶えるためには、ただ豆乳を飲むだけでなくポイントを押さえることが大切です。
ここでは、効果を得られやすくするポイントをご紹介します。

豆乳の選び方

豆乳は、製造後の加工有無やその程度によって3種類に分けられます。
ここでは、それぞれの違いと選び方をご案内します♪

無調整豆乳

無調整という名の通り、味付けなどをしていない状態の豆乳のことを言います。

豆乳の味が強いため、クセがあると感じる方も多いですが、バストアップを狙うのであれば成分の濃い無調整豆乳がベストです。

基準:大豆固形分が8%以上、大豆たんぱく質換算3.8%以上

調製豆乳

無調整豆乳に、少量の塩や砂糖で味付けをしたのが調製豆乳です。

無調整豆乳に比べると飲みやすくなっていますが、その分、成分は薄まります。

基準:大豆固形分6%以上、大豆たんぱく質換算3.0%以上

豆乳飲料

調製豆乳にさらに味付けをしたものを言います。

バナナやコーヒー、紅茶など様々なフレーバーがあり飲みやすさは抜群ですが、やはり上記2種類に比べると成分の濃さでは劣ってしまいます。

基準:大豆固形分2%以上、大豆たんぱく質換算0.9%以上(果汁系)/大豆固形分4%以上、大豆たんぱく質換算1.8%以上(その他)

飲むタイミング

朝
朝一番に飲むのがベストタイミングだと言われています。
朝は胃が空のため、栄養の吸収率が一日の中で抜群に良いんです。

朝ごはんを食べる前にコップ一杯の豆乳、というのを習慣にするとバストアップに効果的。

シリアルなどにかけて、朝ごはんとして豆乳を摂るのもお勧めですよ。

飲む量

豆乳
飲む量は、1日にコップ1~2杯が目安です。

後ほど詳しく説明しますが、豆乳にはダイズイソフラボンという女性ホルモンと似ている成分が含まれています。

そのため、過剰摂取をすると生理サイクルが乱れたり不正出血を起こす可能性があるんです。

ダイズイソフラボン単体の摂取量は1日に70~75mgが適正だと言われています。
日本人は、豆腐や醤油などダイズイソフラボンを摂取する機会が多いですから、飲みすぎには注意しておきましょう!

美味しく飲める!おすすめレシピ

さきほど、一番効果を得られやすいのは無調整豆乳だとお伝えしました。
でも、中には豆乳の味ってニガテ…と言う方もいらっしゃるかもしれません。

また、毎日同じ味は飽きそうだなぁと思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。
そんな方にお勧めの、美味しく豆乳を摂れるレシピをご紹介します♡

豆乳きなこ

豆乳ときなこを使ったスイーツ感覚のレシピです。
作り方はとっても簡単で、豆乳:きなこ=200ml:大さじ1~2杯の割合で混ぜるだけ。

きなこはダイズをすり潰したものですから、ダイズイソフラボンを含みます。
どうしても無調整豆乳がニガテ!という方は、調製豆乳にきなこを混ぜることで無調整豆乳に含まれている成分に近い量を摂ることができます◎

牛乳豆乳

朝にピッタリの、牛乳豆乳。
豆乳:牛乳=1:1の割合で混ぜるだけで完成です。

豆乳の良いところにプラスして、カルシウムも摂れる栄養満点ドリンクです。

コーヒー豆乳・ココア豆乳

コーヒーやココアを作る際にいつも入れている牛乳を、豆乳に変えるだけの簡単アレンジ。

割合は自分で調整できますから、飲みやすいバランスを見つけてみてください。

最近ではコーヒーショップでも、牛乳を豆乳にかえられるお店が増えているようですね。

フルーツ豆乳

好きなフルーツと豆乳をミキサーにかけるだけ!

ミックスジュースのような味わいが楽しめます。

ブレイクタイムに、おやつ代わりに飲んでも良いですね。

どれくらい飲み続ける?

豆乳を飲み始めてからバストアップを実感するには、かなり個人差があります。

2週間ほどでハリを感じた!
という方もいれば、
1年飲み続けてようやく…
という方もいます。

もしも、あなたがバストアップを強く望まれているのであれば、バストアップクリームとの併用をお勧めします!

豆乳を飲むことを習慣にして内側から綺麗になりつつ、クリームで直接バストにアプローチをかけていくと効果も増しますよ◎

なぜ豆乳がバストアップに効くの?

ダイズ

バストアップに効かせる豆乳の飲み方やお勧めのレシピをお伝えしてきました。
ここで、なぜ豆乳がバストアップに効くのか?をご説明させていただきたいと思います。

実は豆乳には、バストアップに効果的な2つの成分が入っているのです!

それが、タンパク質とダイズイソフラボン。
この2つの役割をご紹介しますね。

タンパク質

タンパク質は、身体の器官を作るとても大切な成分。
これがなくては人間は生きていけません。

また、タンパク質には動物性と植物性があり、動物性は脂肪になりやすくコレステロール、高血圧のもとになりやすいと言われています。

豆乳に含まれているのは植物性で、脂肪になりにくく、コレステロール、や高血圧を抑制する役割があります。

豆乳に含まれているタンパク質は、良質だと言うことが分かりますね。

バストアップとの関連性

バストはほとんどが脂肪でできており、筋肉がありません。

ですから放っておくと重力に負けて、どんどん下垂してしまいます。

それを防ぐのが、大胸筋とつながってバストを支えるクーパー靭帯

クーパー靭帯はコラーゲンでできており、コラーゲンはタンパク質から生成されます。

つまり、バストが下垂せずにハリを保つためには、タンパク質が必要なのです!

ダイズイソフラボン

豆乳を飲む量のところで少し触れました、ダイズイソフラボン
別名、植物性エストロゲンと言われています。

エストロゲンとは、女性ホルモンの一種で女性らしいボディラインにしたり肌にハリツヤを与える役割を持っています。

バストアップとの関連性

女性らしいボディラインを作ってくれるエストロゲンには、バストを膨らませる働きもあります。

また、バストアップに欠かせない乳腺を増やす役割も持っているんです。

さきほどバストはほとんどが脂肪でできている、と言いましたがその脂肪は乳腺のまわりにつきます。

つまり、乳腺が増えれば自然と脂肪も増え、バストのサイズアップにつながるというわけです。

ダイズイソフラボンには、このようなエストロゲンと同じ作用が期待できるんです!

バストアップ

良質なタンパク質と、女性ホルモンに似た働きをするダイズイソフラボン。
バストアップに必要な要素を豆乳なら手軽に摂ることができるんですね♡

豆乳を味方につけてバストアップ♡

ここまでお付き合いいただきまして、ありがとうございます。
バストアップに効かせる豆乳の選び方や飲み方、おすすめレシピをご紹介してきました。
豆乳がバストアップに効くと言われ始めて久しいですが、それは本当だったんですね!

ただ、豆乳だけではちょっと心許ないなあと思われた方もいらっしゃるかもしれません。
そんな方は、ぜひバストアップクリームと併用してみてください!

豆乳にはバストアップ以外にも肌を綺麗にしたり腸内環境を整える効果もあります。
豆乳で内側から綺麗になりつつ、クリームでバストに直接アプローチの合わせ技で、バストアップを狙いましょう!

どんなクリームを選んだら良いか分からないという方は、商品の特徴や口コミをもとに探すのがお勧め
以下から、商品の比較ランキングに飛べますのでぜひご活用ください。

きっとあなたにピッタリのものが見つかりますよ♪

バストアップクリーム比較ランキング