成長ホルモンを増やしてバストアップ!効果的な成分と方法をご紹介します
身体を大きくしたり、骨を丈夫にしてくれる成長ホルモン。

胸に栄養を運んでくれるため、増やすことでバストアップ効果が期待できるんです。


でも成長ホルモンは若い頃しか分泌されないと聞きますし、

今からでも増やせるの?

と疑問に感じている方もたくさんいらっしゃると思います。


確かに成長ホルモンは20歳頃をピークに分泌は少なくなりますが、アルギニンという成分を摂ることで増やせるんです!

ここでは成長ホルモンを増やすために必要な、アルギニンが補給できる食材を調べてまとめました。


合わせて分泌された成長ホルモンを効率よく胸に届ける方法もご紹介いたします。

バストアップしたい!という方はぜひ、参考にしてくださいね。

成長ホルモンを増やすならアルギニンが重要!

アルギニンはアミノ酸の1つ。

成長ホルモンを活性化させる働きがあります。

どんな食材を摂れば良いのか、下の表にまとめたのでご覧ください。

食材アルギニン含有量
(100g)
豚ゼラチン7900mg
湯葉4400mg
かつお節4300mg
高野豆腐4100mg
落花生3200mg
ごま2700mg
大豆2700mg
海老1800mg
鶏肉1400mg
マグロ1400mg
豚ロース1300mg
牛ひき肉1300mg

豆類や魚肉系に多く含まれているアルギニン。

バストアップを目指している方だと、1日5000mg~10000mgが目安量です。


1品目でアルギニンを補給するのは難しいかもしれませんが、エビフライとかつお節のお味噌汁。

豚ロースの生姜焼きと高野豆腐など、組み合わせ次第で1日の目安量は簡単に摂れますよ。


成長ホルモンが増えたら、それを胸に届けることがバストアップへの近道。

そのために欠かせないのが、ラクトゲン受容体という細胞なんです。

ラクトゲン受容体を育てることで、成長ホルモンを効率よく胸に送れるんです!

ラクトゲン受容体 育乳効果のあるホルモンの働きをサポート

簡単に言えば、ラクトゲン受容体は成長ホルモンの受け皿。

ラクトゲン受容体がないと、いくら成長ホルモンを摂っても上手く働いてくれないんです。


ラクトゲン受容体は13~18歳の間に成熟しますが、人によっては30歳になってからできる方もいらっしゃいます。

成長期にバストが大きくならなかった方は、たまたまラクトゲン受容体の成熟が遅かっただけなので、大人になってからでもバストアップはできますよ。


ラクトゲン受容体の数そのものは増やせませんが、活性化させることでバストアップしやすくなります。

冒頭部分でご紹介したアルギニンGABA(ギャバ)がラクトゲン受容体を活性化させるので、ぜひ積極的に補給してみてくださいね。

女性ホルモンを増やすと効果はさらに◎

成長ホルモンと同じように、バストアップ効果がある女性ホルモン。

胸にある乳腺を育てて、女性らしい身体をつくります。

他にもなめらかな肌や艶のある髪を生みだすので、育乳・美容を頑張りたい方にはぜひ注目してほしいホルモンです。


年齢とともに女性ホルモンは少なくなりますが、豆類プエラリアなど、女性ホルモンに似た働きをしてくれる成分を補えば大丈夫。

成長ホルモンだけでなく女性ホルモンも一緒に摂ることで、バストアップ効果が高くなりますよ。

成長ホルモン・ラクトゲン受容体・女性ホルモンの3つを活性化するためには

バストアップ成功の秘訣は、成長ホルモン・ラクトゲン受容体・女性ホルモンの3つ。


これらを活性化させるためには、

成長ホルモン

豆類、魚肉系に含まれるアルギニン

ラクトゲン受容体

野菜、果実、穀類に含まれるギャバ

女性ホルモン

豆類、プエラリアなど女性ホルモンに近い働きをするもの

といった成分が重要でしたね。


成長ホルモン・ラクトゲン受容体・女性ホルモン、すべて活性化させるためにバストアップサプリを活用するのもおすすめです。


アルギニン・ギャバ・プエラリアが入ったバストアップサプリなら、効率よくバストアップできますよ。

バストアップを叶えたい皆様へ

ここまでお読みくださってありがとうございました!

成長ホルモンを活性化させる成分や、ラクトゲン受容体と女性ホルモンの役割をご紹介しました。

効率的にバストアップするなら、アルギニン・ギャバ・プエラリアが摂れるサプリを活用するのがベスト。

バストアップサプリにはこの成分がたっぷり入ったものが豊富なので、ぜひ試してみてくださいね。

当サイトではオススメのバストアップサプリをランキング形式でご紹介しています。

ぜひこちらも併せてご覧ください♪